WWW (WEB)への取り組み

World Wide WebはINTERNETの応用技術をいいます。

People Softwareは、多くのWWWを手がけてまいりました。アプリケーション分野では、一般的なホームページから、電子商取引、予約・募集、物件検索、ニュース、グループウェア、SNSなどがあります。プログラミング技術も、JAVAはもちろんのこと、CGI+Perl、PHP、.NET、ColdFusion、Flashなど多彩です。ビジネスモデルの面から言うと、受託、受託+ホスティング、自主運営、ASP(Saas)を手がけています。自主運営サイトには、「みんなの連絡ボード」という名称で出欠用掲示板があり、約18万人の皆様にご利用いただいておりました。

ASP分野では、スポーツ施設、ブライダル施設、リラクゼーション、塾などの体験サービス型企業向けCRMのVLCMコンタクト管理システム、塾、サッカースクール、テニススクールなどのスクール運営支援システムなどをサービスしています。今後とも、これらの実績、経験、技術を踏まえ、あらゆる分野でWWWのお手伝いをさせていただく所存です。

受託ソリューション実績

<予約・募集>
リゾートホテルの予約、塾のレッスン予約、人材派遣業のスタッフ募集・登録、専門学校の生徒募集などがあります。

<電子商取引>
出版社の印刷業者向け見積もり審査・発注、自治体の電子入札資格審査、施設利用クレジット決済、スポーツグッズ類の通信販売などがあります。

<物件検索>
賃貸不動産物件検索、派遣募集職種の検索などがあります。

<グループウェア>
スポーツ団体、協会団体のグループウェアで、企業内というよりも共通目的を持った団体同士のグループウェアに特化しています。

<SNS>
スポーツ大会等イベント業者向けSNSで、ニュース、テーマ別掲示板、大会参加募集、クーポン割引券発行などのコンテンツを提供しました。

自主運営サイト実績

<みんなの連絡ボード>
イベント参加の出欠を仲間に問い合わせる無料の掲示板システムで、Flashで開発、操作性が良いのでご好評を頂いておりました。特長としては、問い合わせをする幹事とメンバーの画面を同一にしてわかりやすくしたこと、簡易ログインで即座にアクセスできること、メーリングリストは既存のものを使って頂き、シンプルにしたこと、2次会、3次会などまとめて問い合わせできることなどが挙げられます。

受託ソリューション実績

<施設予約>
フットサル施設、リラクゼーション施設など、時間帯指定の予約、および会員管理、ポイント管理などををVLCMコンタクト管理システムで実現しています。

詳細はこちら

<イベント募集>
生募集の資料請求、体験入学参加申し込み、サッカー大会の参加募集、インターン学生の募集など、各種イベントの募集、会員管理、データ分析などをVLCMコンタクト管理システムで実現しています。

詳細はこちら

<スクール運営>
学習塾、サッカースクール、テニススクールなどの学籍管理、月会費の銀行引き落とし、クラス替え、出欠管理などの塾、スクール運営全般の効率化を支援しています。

詳細はこちら

RIAへの取り組み

近年、パソコンの性能が上がり、Rich Internet Application技術が注目されています。従来のWEBアプリケーションのページ記述言語は、静的なテキストや画像を扱うことが主目的でHTML言語が使われていました。しかし、パソコンの性能が上がったので、これに動きを加えたり、人間が指示をしなくてもデータを送り込むなど表現力や操作性を大幅に向上できる言語が出現しました。

これらの言語を使ってWEBシステムを構築する技術は、表現力や操作性の向上はもちろんのこと、アプリケーションの形すら変る可能性を持っています。つまり、データやアプリケーションは、インターネットのむこうの世界に置いて、使いやすさはこちらの世界に置く新しい形を実現できるのです。

People Softwareは、コンピュータを人に近づけることをモットーに仕事をしている会社であり、当然のことながらこれら技術に取り組んでいます。この結果、システムはさらに簡単に利用できるようになり、私たちは素早く、的確な判断という現在になくてはならない能力を身に付けることができると考えています。、主に活用している言語はアドビ社のAir/Flexで、Flashがビジネスユーズに進化した製品です。現在、当社の製品、サービスにこれらを取り入れると同時に受託Solution分野の開拓にも取り組んでいます。

RIA実績

<Project Waveのガントチャートに適用>
従来、工程進捗管理のためのガントチャートは、予定と実績のテキスト入力をすると線が引かれるインターフェースでした。RIA採用により、いきなり線表をマウスでドラッグすることにより作成できるようになりました。しかも、線の長さから開始終了日を自動計算、予定と実績の対比を示すカミナリ線も引けるようになりました。

<カード発行パッケージHi-Cheeseの画像編集に適用>
従来は、IDカードを印刷面を編集する際、画像部分、テキスト部分などの位置指定は座標指定で行っていました。しかし、RIA採用により、マウスのドラッグ&ドロップで任意の位置に簡単に設定、移動などができるようになりました。

<VLCMコンタクト管理の分析グラフィックインターフェースに適用>
多次元分析のドリルダウン、スライス、ダイスなどの操作インターフェース、棒グラフ、円グラフなどのグラフ表現などに適用しています。Flexの特長を生かした表現力、操作性抜群の分析ソフトとなっています。

SOAへの取り組み

Service Oriented Architectureは、インターネット時代にふさわしい新しいシステム開発技術です。従来のシステム開発技術でも、プログラムの共通化、共同利用は重要な生産性向上の手法でした。オブジェクト指向プログラミングはその最先端を行くものです。

しかし、インターネットがこれだけ広がり、サーバーの性能が上がった今日、サーバーに存在するサービスを別のサーバーが呼び出してこれを使うといった発想が生まれて来ました。考えてみれば、人間の事務処理は、ある手順のもと情報の加工、受け渡しを行うわけですが、そこには電卓を使ったり、秘書を使ったり、メールを使ったりとサービスを使いながら、仕事をこなしています。これらのサービスを、いつでも必要なときに共通で呼び出して使えたらどんなに便利なことでしょう。世の中にこれらサービスが無数に存在し、あとはこれを呼び出すビジネスプロセスさえ定義すれば、システムが稼動すれば普通のプログラマーはいらなくなるかも知れません。

SOAを実現するためのツールには、これらサービスを効率よく、効果的に開発するための仕組みや言語が用意されています。BPELといって、ビジネスプロセスを図で表現すると前述したサービスを呼び出すプログラムを自動生成してくれるツールなどもその一つです。People Softwareは、SOA構築ツールの中で実績があり、機能も豊富に揃っているORACLE社のツールを活用して、SOAによるシステム開発を手がけています。これによって、提供するシステムの生産性、保守性を向上させ、より良いサービスを提供できることを目指しています。

SOA取り組みの実績

<大手サービス業向け販売管理システム>
契約から債権管理、出荷、物流といったトータルシステムとなると、これらの部署々あるいは製品別組織において共通のサービスを呼び出して処理を進めることは極めてシステム開発コスト削減の有効な手段です。とりわけ、お客様ニーズの多様化に追随すべく、新商品、新しい仕組みのサービスを迅速に提供するためには、改訂、保守を迅速かつ効率的に行わねばなりません。このような認識のもと、現在、SOAを適用したシステムリフレッシュを進めている大手サービス業様のシステムリフレッシュを支援しています。

<製品・サービスへの取り組み>
People SoftwareのASPサービスの中核、VLCMコンタクト管理システムではSOAのベースの技術であるWEBサービスを活用してサイト間連携を実現しています。具体的には予約機能をサービスする予約サーバー、会員の各種管理機能をサービスする会員管理サーバー、ニュースや掲示板などコミュニケーションツールを提供するサーバーなど、これらは独立、分散していて、WEBサービスを介して連携しています。したがって、あるお客さまが予約サービスを受けたい、会員の認証サービスを受けたいといった場合、簡単にお客様のサーバーから呼び出すことで、安価に柔軟に対応できる準備を整えています。

Card Technology への取り組み

キャッシュカード、交通系カード、ポイントカード、会員証、社員証等のセキュリティカードなど、今日、もはやカードはなくてはならない存在となっています。People Softwareは、社会に役立つソフトウェアを提供する理念から、CARDを応用したアプリケーションに積極的に取り組んでいます。

用途に応じて最適なカードが提供できるよう豊富な品揃えが特長となっており、紙媒体あるいはプラスチックのバーコード、磁気ストライプタイプのカード、熱転写タイプのリライト型カード、FeliCaなどの非接触ICカードなど、コスト重視、訴求性重視、操作性重視などによって自由にお選びいただけます。また、アプリケーションも入退出管理、会員管理、ポイント管理、スタンプラリーなどを用意しており、カードのデザイン、発行から利用までトータルにサービスしています。

Card Technology の実績

<カード発行パッケージQuiCui>
顔写真入りIDカードは本人認証方法としては比較的コストがかからず、幅広く利用されています。People Softwareは、パソコンの画像処理がまだ黎明期だった頃から、デジタルカメラで顔写真を撮影、これをパソコンに取り込み、即座に顔写真入りIDカードを発行するシステムを開発しました。今では、大手スポーツクラブ、テレビ局の社員証、外食チェーン店の社員証など多数納入しています。

<入退出管理ASPサービス リモート門番>
近年、個人情報保護の規制が強化され、入退出管理システムが注目されています。中でも、操作性やセキュリティの面からFeliCaなどの非接触ICカードの普及が顕著です。People Softwareは、これをASP(SaaS)型で提供、安価に実現を図っており、本システムのカード発行もあわせてご提供しています。

<ポイント管理ASPサービス VLCMコンタクト管理システム>
ポイントカード導入の決め手はカードの訴求性です。リライト型のカードは、時点々の累積ポイントを印刷すると同時に、キャンペーン等のメッセージも印刷、持ち帰っていただくことにより、次回購買の訴求が行えます。People Softwareは、ポイントの管理はもちろんのこと、店舗での即時発行をASP(SaaS)型で実現しました。これにより、他店舗、チェーン店舗でのポイント共有、ポイント交換を安価に行うことができ、販売力強化に貢献しています。