第1回関西モバイル活用展(Japan IT Week 関西)

IoTの代表格であるビーコンを使ったモバイルアプリの開発事例を多数展示

モバイルアプリの受託開発・導入支援など、ご気軽にご相談ください。

導入実績多数!話題の新製品・音声ガイドシステムMUSENAVIを出展!

ぜひお立ち寄り頂きまして、ご体験くださいませ!

会 期:
2017年2月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00)
会 場:
インテックス大阪
主 催:
http://www.smart-japan.jp/To-Visit_Haru/Outline/
ブース:
10-7

「MUSENAVI -ミューズナビ-」

音声ガイドシステムMUSENAVI

博物館・美術館・工場見学ツアー等に最適なスマホアプリ型の音声ガイドシステムをご提供します。

スマートフォンを活用した音声ガイドシステムです。

来場者のスマートフォンへPUSH配信をはじめ、設置したBeaconで館内案内、音声ガイダンス、クーポン配信、アンケート等、集客に必要な仕掛けを手軽にご利用いただけます。

音声合成を採用しているためナレーション作成が安価で、多言語にも対応しています。

→MUSENAVI詳細はこちら

「BaaS@rakuza」

音声ガイドシステムMUSENAVI

モバイルアプリノバックエンドを「早く」「安く」「簡単に」構築できるBaaSをご紹介します。

BaaSとは、「Backend as a Service」や「Mobile Backend as a Service」の 略で、主にスマートフォン向けのWebアプリケーションが必要とするサーバ側の様々な機能を、インターネットを通じてサービスとして提供するクラウドサービスの1つです。

現在、スマホアプリ開発のニーズが高まるなか、スマホアプリのバックエンド(DBサーバーや Webアプリケーションサーバーなど)と連携したアプリケーションが増加しており、アプリ開発のスピードに合わせて、バックエンドの機能や動作環境の構築が求められてきています。

しかしながら、「バックエンド側の開発を担うエンジニアがいない」「インフラエンジニアがいないためにサーバーの運用ができない」などの課題を抱えたアプリ開発会社が少なくはありません。

BaaS@rakuzaは、そういった課題を抱える開発会社を全力で応援・支援できるBaaSシステムです。

→BaaS@rakuza詳細はこちら